​加湿と換気が重要:当店でのコロナ対策が正しいことがわかりました。

スーパーコンピューター「富岳」が証明。

新型コロナウイルスの感染予防に、室内の加湿や換気の一定の効果について、理化学研究所が飛沫(ひまつ)や室内環境をシミュレーションした結果わかりました。

 人のくしゃみ、会話のときに飛ぶ飛沫には、床や机などにすぐ落下する比較的大きな飛沫と、粒の大きさが5マイクロメートル(1マイクロは千分の一ミリ)程度以下で空気中を長時間漂うエアロゾルがあります。空気が乾燥すると、飛沫が急速に乾きエアロゾルの量が増えることがわかりました。

 例としてオフィス内で1.8メートルの間隔で2人が向かい合って座っている際に、一方がせきをした場合のシミュレーションでは、湿度が30%のときには飛沫全体の%近くが対面する人に到達しました。しかし湿度60%と90%のときは到達が2%前後に抑えられます。

 加湿器で60%を目安に湿度を上げたり、エアロゾルを希釈する(薄める)ために換気したりすることが大事です。

0980-78-3335

  • Facebook
  • Twitter

©2020 by shimasanlaundry。Wix.com で作成されました。